top.jpg

アニメソング・ゲームソングシンガーとして活動を続けながら

クリエイターとして自主制作映像作品を作り続けた鈴湯が送る、

「映画を見るように聞く」

シネマティックCDをリリース。

第一弾は「夢×青春×ボーイミーツガール」

夢と恋は甘く切なく、そして強く心を動かし続ける。​

 鈴湯自主制作シネマティックCD 第一弾 

  • RELEASE
    2022.10.30(日)開催 M3 2022秋よりリリース開始

  • BOOTH
    第二展示場2F サ-14b

  • PRICE
    イベント販売価格 1,000円

  • STORE

トラックリスト

1.

ハートビート・フィルム

Vocal&Lyrics 鈴湯 Music&Arrangement 竹下智博

Guitar Hacho Bass UME
 

"君"と"僕"の物語。僕の心を突き動かすのは夢か、それとも。

2.

Glow of dream

Vocal&Lyrics 鈴湯 Music&Arrangement 塚越雄一朗(NanosizeMir)

"君"と"僕"の夢。その先に何があろうとも、夢は今も甘く輝き続けている。

3.

ハートビート・フィルム (off vocal)

4.

Glow of dream (off vocal)

学生生活をおくる"僕"は映画研究部に所属している。

映画好きは「オタク」と揶揄され

運動部に所属するクラスメイトからからかわれる事もあるが

同じ趣味を持つ友達に囲まれ、平穏に過ごしている。

部活には熱心にとりくみ、

幼い頃から憧れた映画監督の夢を叶えるため自らカメラを持ち制作に励むが

本当に作りたいものが何かいまいちわからずにいた。

ある日の放課後。

​撮影をしようと教室をたずねると

クラスのマドンナである"君"が泣いている場面に遭遇する。

進学校への推薦を控えた"君"には夢があるが、

家族や友人、学校の期待に応えるべく諦めざるを得ないようだった。

遠い存在だった"君"と"僕"をつなぐ

『夢』という共通点を見つけた時、

"僕"の心臓が強く鳴り響く。

伝えたい想いが胸を満たした瞬間

本当に作りたいものを見つけたのだった。

「クランクイン」

映画研究部に所属する少年。

大人しい性格だが創作に対する思いが強く、

好きなものを語り出すと止まらない癖がある。

クラスのマドンナである"君"に憧れているが、

遠い存在のため声はかけられずにいる。

好きな映画:

「スター・ウォーズ」

「ニュー・シネマ・パラダイス」

いつもクラスの中心にいるマドンナ。

文武両道で友人が多く人望も厚い。

教師からも期待され、進学校への推薦を控えているが

本当は舞台女優になりたいと思っている。

夢を誰にも打ち明けられず悩んでいたところ

撮影中だった"僕"と遭遇する。

好きな映画:

「サウンド・オブ・ミュージック」

「ラ・ラ・ランド」

クロスフェード
ミュージックビデオ

監督・歌唱・デザイン

鈴湯

  • Twitter
  • Youtube

M1「ハートビート・フィルム」作編曲

竹下智博

  • Twitter

M2「Glow of dream」作編曲

塚越雄一朗(NanosizeMir)

  • Twitter
  • Youtube

イラスト

海原カイロ

  • Twitter

「ハートビート・フィルム」映像制作

あげは

  • Twitter